OEM・EMS|レンジフード・除湿機・ドアホンなど電子機器・電気機器の設計・開発・受託製造|さつき

  • さつきグループ
  • さつき株式会社
  • 株式会社ソアエ
  • さつき香港
  • HOME
  • 会社案内
  • 事業内容
  • OEM・EMS
  • 環境・省エネ製品
  • 部材調達
  • 導入事例
  • その他製品
  • バックアップ体制
  • 資料請求・お問い合わせ
さつきグループ
さつき株式会社
大阪市中央区
南船場4丁目10番29号
さつきビル6F
TEL:06-6252-4767(代)
FAX:06-6252-0840

部材調達

部材・完成品調達サービスの特徴

部材・完成品調達サービス

弊社は中国、韓国に拠点を構え、長年にわたり大手電機メーカーをはじめ幅広い業種のお客様に対して、各種資材情報を提供し、幅広い調達ルートから各種部材、完成品を調達し販売してまいりました。
弊社が常にお客様にメリットある部材や完成品を調達できるのは、弊社営業スタッフの約半数のメンバーが、各職能のスペシャリストとして営業支援業務に携わっているためです。私共は国内、国外で地道な情報収集活動を行い、外注メーカーに対して現地で“ものづくり”をきめ細かくサポートし、Q(品質)、C(コスト)、D(デリバリー)の各側面で支援活動をしています。
このように、従来のメーカーにも商社にもないユニークな体制を取り、お客様に最もメリットある部材、完成品を供給するサービスが、さつきの「部材・完成品調達サービス」の最大の特長です。

部材・完成品調達サービスについてのQ&A

■海外、国内の調達先の調査や品質について■

Q1.
仕入先が固定化しているので、新しい調達先の情報がほしい。
A1.
国内においては、国内各支店の営業スタッフが地道に部品調達活動を行っています。海外においては、現地事務所(上海、香港、韓国)のスタッフが現地で調達先を調査しています。実際にメーカーに足を運んで収集した調達先情報や技術情報を数多くご提案しています。
Q2.
新しい調達先の部品を品質評価した結果、もう少し品質レベルをアップさせなければ使えない。さつきで品質指導は可能ですか。
A2.
さつきで品質指導が可能です。海外品を日本向けに品質をアップさせるには1〜2年かかる場合がありますが、品質・技術スタッフの指導により早期に問題をクリアさせます。

■品質・工程においてクレーム発生時の対応は■

Q3.
新しい調達先(製造メーカー)と取引するのは良いが、実際クレーム等が発生した時、迅速に対応してくれるのか心配だ。
A3.
特に海外調達の場合は、さつきがメーカーに品質スタッフを常駐させ、徹底して品質指導チェックを行います。

■お客様ご指定の調達先の場合■

Q4.
自社(お客様)で調査し契約に至った海外調達部材、完成品、OEM品に関して、煩雑な貿易実務は、外部に任せたい。さつきで貿易窓口だけの対応は可能ですか。
A4.
低マージンで対応可能です。商社や、貿易会社が行う貿易業務に加えて、お客様の立場になって弊社スタッフが現地で品質チェック、納期チェックを行う点が特徴です。

■国内の物流について■

Q5.
最近、仕掛り在庫や、購入品の在庫削減が経営のテーマだが、実際発注ロットの問題もあるし、なかなか発注から納入までスピーディにいかない。
A5.
さつきは、個々のお客様のご要望に応じて、調達部品のアッセンブリーや、分納、ジャストインタイムでの納入、また、高い外観仕上げが求められる部材や、機能部品などは、ストックヤード内に品質チェックラインを設置したりなど、お客様のニーズに合せた体制を素早く、しかもフレキシブルに取っています。

■調達コストについて■

Q6.
調達コストをトータル的に削減したい。
A6.
さつきの提案は100円を90円にコストダウンすることも大事だとは考えますが、今は10,000円の製品を5,000円にするコストダウンのほうがより重要だと考えます。そのようなコストダウンは、製造メーカーでは限界がありますが、数多くの調達ルートを持つ当社であれば、海外・国内を問わずその時々に合わせて世界最適地より調達したり、部材のユニット化/部組化などにより、お客様の管理コストを下げることも可能です。また、他社(電機メーカー)との共同購買をコーディネートすることも可能ですので、より大きな枠組みでコスト低減を実現することが可能となります。

調達コストの削減

- 上図:用語説明 -

集約化(購買窓口集約):購買窓口を当社に纏めることで資材部門の管理業務を低減するという提案です。

エキスパンディング:部材によっては、他社への共同調達を働きかけ、各社部材を一括にまとめて調達することで、マスメリットを出します。(電機メーカー様向け機能)

モジュール化(部組化):単品発注ではなく、部品組み立て、ユニット納入を意味します。お客様の管理経費を大幅に削減することができます。